任意整理

任意整理を体験した私の話

私が任意整理をしたワケ

わたしは過去に多重債務に悩まされていたことがありました。
はじめは非常に軽い気持ちで手を出した消費者金融からの借金だったのですが、元来意思のよわいところのあったわたしは、すぐに歯止めが効かなくなりあっというまに借金を膨れ上がらせてしまいました。

 

その頃には支払いの延滞も起こすようになっていたため、毎日何本もの督促電話が次から次へと掛かり、またある日は直接自宅まで来訪されたりと生きている心地がしませんでした。

 

もうこれ以上はどうにもならないと悟ったわたしは、知人から勧められて法務事務所へと債務整理の相談をすることになりました。
しかしこんな状態にあっても、心情的になんとか借金を踏み倒してしまうことだけは避けたいと思っていたわたしは、司法書士の先生から提案された方法を聞いて安心しました。

 

提案された方法は任意整理という方法で、借金そのものはきちんと支払って完済していくというものでした。ただし、債権者との交渉で利息をカットしてもらったり毎月の返済額を減らしてしまうことにより無理のない返済計画へと組み直すというものです。

 

知識の無かったわたしは債務整理というと借金を踏み倒してしまうものだと思い込んでいましたので、この任意整理によりわたし自身納得の行く形で多重債務から抜け出すことが出来ました。現在は全て返し終え、借金のない生活を送っています。

任意整理を試してみて

アヴァンス法務事務所は、認定司法書士による債務関連の問題解決のエキスパートです。
取り扱う内容は債務整理全般に渡っており、お客様の状況に応じて一刻も早い問題の解決を目指し、平穏な日々を取り戻せるよう導いてくれます。

 

借金問題で相談をしてくる方の中には、どうしても自己破産というものを前提に考えており、どんなに落ちぶれても借りたお金を踏み倒したくはない、という生真面目な方も多くいらっしゃいます。
アヴァンス法務事務所では自己破産の手続きももちろん扱っているのですが、債務整理というのは自己破産ばかりではなく、利息をカットしてもらい毎月支払っていける額を今後支払っていくことで債務を返済していく任意整理というものもあります。

 

実際借金で悩んでいる方の多くは、この任意整理での解決が可能な方がほとんどですし、この方法ならば借金を踏み倒したくないという方も安心して行うことができます。

 

しかし任意整理で解決できない場合は、自分の生活が破綻してしまっては意味がありませんので、仮に自己破産を行わなければならない状態であっても、そこは割り切って自分のことを優先して考えるべきです。

 

そしてこれまでのことを反省し、新たに綺麗な身で人生を再スタートさせるためにも、専門家への相談による債務整理は重要なことです。

 

 

 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ